HOMESORCERIAN冒険の書 > 織田信長の章
 

SORCERIAN

ODA NOBUNAGA'S CHAPTER
『織田信長の章』

冒険の書 シナリオデータ シナリオマップ

 

〜序章〜
本能寺の変に遭遇するソーサリアン 尾張の織田信長は、永禄三年(西暦1560年)、尾張は桶狭間において、西上中の今川義元二万五千を、わずか三千で急襲し、滅亡に追いやった。この、駿河、遠江、三河を治める南北朝以来の名家、今川義元を敗ったことによって、信長の武名は、いやがうえに高まっていった。
 さらに信長は、年々その勢力を広げていき、天正元年(西暦1573年)には将軍、足利義昭を都から追放、室町幕府を滅亡させた。その後、信長の勢いはさらに激しさを増し、天正十年(西暦1582年)、宿敵武田氏(勝頼)を天目山の戦いにおいて滅ぼしたときには、本州のほぼ半分を征服していたのだった。
 エティスは、鬼神と見間違えんばかりの、凄まじい戦いぶりを見せる信長に、ただならぬ魔の気配を感じていた……。

 

〜登場人物〜
織田信長 ・織田信長 (1534 - 1582)
 1560年に、桶狭間の戦いで今川義元を倒した信長は、以来戦いに明け暮れ、ついには宿敵武田氏をも滅ぼした。そして晩年には、西は伯耆、備中から北は能登、越中までと、本州の中央部のほとんどを征服した。だが、1582年、中国地方の雄、毛利輝元との決戦を前にして、家臣である明智光秀の謀反により、京都本能寺で倒れた。
明智光秀 法念
・明智光秀
 織田信長の家臣として召しかかえられて以来、重く用いられているが、癇癪持ちの信長に煮え湯を飲まされたことも少なくない……。
・法念
 信長が、京都での宿舎としている本能寺の住職。

〜敵モンスター〜
風神雷神 風神・雷神
 風を司る風神と雷を自由に操る雷神は、ふたりで一対となって攻撃を仕掛けてくる。ふたりは円を描くようにまわりながら、交互に、そして素速く向かってくるが、惑わされてはいけない。冷静にその動きを見極め、まずは風神を倒そう。残る雷神は、10回叩けばやっつけることができる。このふたりは、最低でも3回は戦わなければならないので、1回の対戦でコツをつかんでおこう。

 

織田信長の章 関連リンク:
ABOUT SORCERIAN > 戦国ソーサリアン
ABOUT SORCERIAN > ALL ABOUT SORCERIAN
ABOUT SORCERIAN > コミック 戦国ソーサリアン
ABOUT SORCERIAN > SORCERIAN ART&GRAPHICS
ABOUT SORCERIAN > Falcom History Legend of Illustrations
SORCERIAN > SCENARIO DATA > 織田信長の章
SORCERIAN > SCENARIO MAP > 織田信長の章
SORCERIAN MUSIC FILES > CD&DVD > SORCERIAN SUPER ARRANGE VERSION III
SORCERIAN MUSIC FILES > CD&DVD > SORCERIAN ONLINE
SORCERIAN MUSIC FILES > CD&DVD > SORCERIAN ORIGINAL SOUND TRACK Vol.2
SORCERIAN MUSIC FILES > BGM一覧表2
SORCERIAN MUSIC FILES > Music Screenshot > 戦国ソーサリアン
SORCERIAN MUSIC FILES > Music Screenshot > 戦国ソーサリアン MSX


 

5-1 武田信玄の章




シナリオメニュー に戻る


5-3 豊臣秀吉の章