HOMESORCERIAN冒険の書 > 美しき花嫁
 

SORCERIAN

THE BEAUTIFUL BRIDE
『美しき花嫁』

冒険の書 シナリオデータ シナリオマップ

 

Digest Story 〜ダイジェスト・ストーリー〜
花嫁とソーサリアン 日夜冒険に明け暮れるソーサリアン。彼は冒険の旅から帰ってくると、王様からその手柄を称えられ、名声と報酬を手に入れることができた。しかし、王様の城から自分の家へと戻るたびに、思うことがあったのだ。疲れを癒し、冒険で受けた怪我を治すための孤独な日々。もしもそばに美しい妻がいてくれたなら……。そんなときだった。雪のような白い肌を持つ、美しくつつましい娘が多く住んでいるというディオンヌ村の噂を聞いたのは。
 ディオンヌ村の近くにあるサンサーラの山へと行ってみたソーサリアンは、うら若き娘が悪党に襲われている場面に出くわす。瞬く間に悪党を退治した彼は、それがきっかけで娘(レティア)の家に泊めてもらえることになった。ところが、翌朝起きてみると、昨夜のうちにレティアが盗賊にさらわれてしまったというではないか!
 すぐに彼女を助けるべく出発したソーサリアン。だが、様々な出来事が行く手を阻み、思うように進むことができなかった。レティアをさらった犯人はどうやら盗賊の頭、ケインらしい。ケインはレティアを好きになってしまったために、力ずくで自分の妻にしようとしていたのだ。彼は、レティアとの結婚式の準備を、着々と進めていった。ソーサリアンがケインの館へとついた時、そこではケインとレティアの結婚式の真っ最中であった。はたしてソーサリアンは、ケインからレティアを取り戻すことができるのだろうか…?

 その日の夜。
 ジードの娘であるサフィス、羊飼いのヴァムリー、仲のよい姉妹のリーンとエミス、そしてレティア。ディオンヌ村の美しい娘たちが、かがり火のたかれた広場へと集まっていた。彼女たちは、ソーサリアンに、妻として選んでもらうために集まってきたのだ。ひとりずつと話をし終えたソーサリアンは村の長老のもとへと進み出た。そして長老の問いかけに対し、ある人の名を告げるのであった……。

原作者イラスト

矢野賞受賞作品


「美しき花嫁」


渡辺靖之くん

原作者の紹介

 渡辺くんは、この作品を19歳の時に2日間徹夜をして作ってくれたそうです。現在はソーサリアンの小説に挑戦中とのこと。もともとお話しを作るのが好きな方なんでしょうね!
 ちなみに賞金は「自分の書いたものに対して与えられたお金ですので、なんとなくもったいない」ということで、貯金したままだとか。もっとも、本代やゲームソフトの購入費に消えてしまう可能性も強いそうです。


プレイする皆さんへ……

 ソーサリアンが旅を始めて早2年。幾多の冒険で数多くの人々を救ってきた勇者たちも、たまには自分のことを振り返ったりする時があるんでしょうか。「美しき花嫁」はそんな思いつきから生まれました。
 戦いに疲れた時、傷ついた時に、ペンタウァで待っていてくれる優しい妻を探し求めて、ソーサリアンは誰のためにでもなく、初めて自分のために旅に出るのです。

渡辺靖之

 

美しき花嫁 関連リンク:
ABOUT SORCERIAN > SELECTED SORCERIAN
ABOUT SORCERIAN > ALL ABOUT SORCERIAN
SORCERIAN > SCENARIO DATA > 美しき花嫁
SORCERIAN > SCENARIO MAP > 美しき花嫁
SORCERIAN MUSIC FILES > CD&DVD > Hiro's Game Music Album -Selected Sorcerian-
SORCERIAN MUSIC FILES > CD&DVD > SORCERIAN COMPLETE -RARE SELECTION-
SORCERIAN MUSIC FILES > BGM一覧表3
SORCERIAN MUSIC FILES > Music Screenshot > SELECTED SORCERIAN


 

8-5 呪われた国ペンタウァの悲劇




シナリオメニュー に戻る


9-2 銀の灯が消えた街