HOMESORCERIAN冒険の書 > 徳川家康の章
 

SORCERIAN

TOKUGAWA IEYASU'S CHAPTER
『徳川家康の章』

冒険の書 シナリオデータ シナリオマップ

 

〜序章〜
江戸城渡り廊下にて侍と戦うソーサリアン 豊臣秀吉の没後、日本最大の、東西を分けた慶長五年(西暦1600年)の関が原の合戦に勝利し、さらに豊臣家の残党を元和元年(西暦1615年)の大阪夏の陣において一掃した家康は、大阪城の落城後、すぐに武家諸法度と公家諸法度を発令した。これによって事実上江戸幕府は確立し、平和の世が築かれようとしていた。
 ソーサリアンが真田幸村の里から戻ってしばらくの後、徳川家康から江戸城へくるよう、一通の書状が届けられた。さっそく旅じたくを始めるソーサリアンであったが、エティスは浮かない顔をしている。微弱ではあるが、江戸の城から魔の気配を感じるというのだ。「もしかするとワナかもしれぬぞ!」。まさか、こんな平和の世に魔が現れるとは考えにくいが、これは偉大なるエティスの言葉なのだ! ソーサリアンたちは、その忠告を胸に刻み込んで、家康の待つ江戸城へと向かっていった……。

 

〜登場人物〜
徳川家康 徳川家康 (1542 - 1616)
 三河の小大名、松平広忠の長男として生まれ、幼年時代は駿河の今川氏の人質として過したが、桶狭間の戦いを機に独立。以後織田信長と同盟して三河、遠江、駿河を領有、さらに本能寺の変後は、関東に移って二百五十万石の大大名となる。豊臣秀吉の死後は、天下分け目の関ヶ原の戦いに勝利し、将軍となって江戸幕府を開いた。
徳川秀忠 政四郎
徳川秀忠
 家康の実子。関ヶ原の戦いの折、進軍途中で信州上田城の真田父子に釘付けにされ、参戦できなかった。後に、二代将軍となる。
政四郎
 秀忠に仕える忍者で、江戸城の警護役、お庭番という要職にある。

〜敵モンスター〜
暗黒神邪鬼 暗黒神 邪鬼
 暗黒神邪鬼という名前からもわかるように、災厄の元凶の神である。現れたり、消えたりしながら、扇子を飛ばして攻撃してくるうえに、この扇子がふたつ以上出ているときは下におりてこず、強力な雷を発する。できるだけ早く扇子を叩き落し、低い位置に現われたところを剣で叩く、という攻撃を心がけよう。20回叩けば、倒すことができるぞ。

 

徳川家康の章 関連リンク:
ABOUT SORCERIAN > 戦国ソーサリアン
ABOUT SORCERIAN > ALL ABOUT SORCERIAN
ABOUT SORCERIAN > コミック 戦国ソーサリアン
ABOUT SORCERIAN > SORCERIAN ART&GRAPHICS
ABOUT SORCERIAN > Falcom History Legend of Illustrations
SORCERIAN > SCENARIO DATA > 徳川家康の章
SORCERIAN > SCENARIO MAP > 徳川家康の章
SORCERIAN MUSIC FILES > CD&DVD > SORCERIAN SUPER ARRANGE VERSION III
SORCERIAN MUSIC FILES > CD&DVD > SORCERIAN ONLINE
Ys MUSIC FILES > Falcom CD > Falcom J.D.K.BAND 2
Ys MUSIC FILES > Falcom CD > Falcom ENDING COLLECTION 1987〜1992
Ys MUSIC FILES > Falcom CD > PREPRIMER
SORCERIAN MUSIC FILES > CD&DVD > SORCERIAN ORIGINAL SOUND TRACK Vol.2
SORCERIAN MUSIC FILES > BGM一覧表2
SORCERIAN MUSIC FILES > Music Screenshot > 戦国ソーサリアン
SORCERIAN MUSIC FILES > Music Screenshot > 戦国ソーサリアン MSX


 

5-4 真田幸村の章




シナリオメニュー に戻る

ピラミッド・ソーサリアン プロローグ