HOMESORCERIAN冒険の書 > パンドラの箱
 

SORCERIAN

PANDORA BOX
『パンドラの箱』

冒険の書 シナリオデータ シナリオマップ

 

Digest Story 〜ダイジェスト・ストーリー〜
箱を開けたパンドラ 兄のプロメテウスから金の箱をもらったエピメテウス。「決して開けてはいけない」といわれていたが、妻のパンドラがその箱を開けてしまったのだ。箱の中に入っていたのは、この世のありとあらゆる「悪」だったからさぁ大変! 箱から出てきた、妬み、盗み、憎しみといった「悪」は、、モンスターに姿を変えて村を襲い始めている。この村に平和を取り戻すためには、村に広まった「悪」をもう一度パンドラの箱に封じ込める必要があるというのだが……。
 コーカサス山の山の上にある仕置き場へとソーサリアンに対して、突然語りかけてきた声があった。元々ここは罪人を罰する場所だっただけに、いまだ天に昇れないで苦しんでいる魂があるのだろう。はたして、この声の主は一体誰なのだろうか? また、どうすれば、目に見えない魂を繋ぎ止めている鎖を解くことができるのであろうか? 疑問は尽きない。
 パンドラの箱が置かれているという噂がある城へとやって来たソーサリアン達。城内に足を踏み入れた彼らが見たものは、骸骨の山だった。使われなくなって久しいとはいえ、随分と綺麗な城だけに、とっても不気味だ。この骸骨の山はどうも天井が吹き抜けになっていることと関係があるらしい。骸骨をよく見ると、上からどんどんと積まれていったような形跡があったからだ。一体、この真上で何が起こっているのだろうか?
 ついにパンドラの箱が置かれている祭壇の前までやって来た。しかし祭壇に通じている扉は1つだけ。もしも間違った扉に入ってしまうと、他の場所にワープさせられたり、ペンタウァの城まで強制送還される羽目になるのだ。ヒントは「真実の扉は真実のみを語り、残りの2つは偽りのみ語る。3つの扉に1つずつ問いかけをし、真実の扉を見極めよ」という、石版に刻まれたメッセージ。一刻も早くパンドラの箱を手に入れ「悪」を封じ込めなければ!

原作者イラスト

荒俣賞受賞作品


「パンドラの箱」


小玉耕二くん

原作者の紹介

 小玉くんがこのシナリオを作ったのは、まだ大学に在学していた時。現在の彼は、小学校の先生をしているそうですから、時の経つのは早いものです。クラスの子どもたちの成長を見守り、手助けをする毎日で大変だけれども充実した日々を送っているようです。もっともその分、自分の作ったソーサリアンたちの成長が止まってしまったそうですが……。でも、「これを機会に私のソーサリアンたちも、新たな冒険へと向かってくれることでしょう。」とのことでした。


プレイする皆さんへ……

「パンドラの箱」と言うのは、ご存知の方も多いと思いますが、ギリシャ神話の中のひとつです。登場人物の中にも、名前をそのまま使ったりしているキャラがいますから、彼らに関する所を読んだ後にプレイすると、2倍楽しめるのではないでしょうか。
 あなたのそばにも、ほら、パンドラの箱が……。

小玉耕二

 

パンドラの箱 関連リンク:
ABOUT SORCERIAN > SELECTED SORCERIAN
ABOUT SORCERIAN > ALL ABOUT SORCERIAN
SORCERIAN > SCENARIO DATA > パンドラの箱
SORCERIAN > SCENARIO MAP > パンドラの箱
SORCERIAN MUSIC FILES > CD&DVD > Hiro's Game Music Album -Selected Sorcerian-
SORCERIAN MUSIC FILES > CD&DVD > SORCERIAN COMPLETE -RARE SELECTION-
SORCERIAN MUSIC FILES > BGM一覧表3
SORCERIAN MUSIC FILES > Music Screenshot > SELECTED SORCERIAN


 

9-2 銀の灯が消えた街




シナリオメニュー に戻る


9-4 灼熱のワナ