HOMESORCERIAN冒険の書 > 呪われた遺跡
 

SORCERIAN

THE CURSED RUINS
『呪われた遺跡』

冒険の書 シナリオデータ シナリオマップ

 

Digest Story 〜ダイジェスト・ストーリー〜
遺跡 とある冒険を終えたソーサリアンが、ペンタウァへ帰ろうとしたところ、バーバラという名の吟遊詩人に呼び止められた。休憩するついでに物語を聞かせてもらうことにした彼らは、いつしか彼女の話に引き込まれていった……。彼女が話してくれたのは、イスマリア国の小さな村で起こった殺人事件のことだった。殺されたのは近くにある遺跡を調べていた調査員。その事件を解決するために、パーティーそっくりのソーサリアンがやって来たという話だ。
 ソーサリアンたちが我に返ると、そこは砂漠の村だった。一体何がおこったのだろう? ……どうやら、バーバラおばさんの話に出てきたソーサリアンと同化してしまったらしい。彼らは覚悟を決めると、事件についての聞きこみを始めた。その結果、被害者が古代イスマニア王家の墓がある遺跡の調査をしていた考古学者だということと、ベーラという少女が現場に倒れていたという話を聞くことができた。ベーラの居場所を聞いた彼らは、少なからずショックを受けた。ベーラは一時的な記憶喪失にかかって入院していたのだ。余程恐ろしい目にあったのだろう……。 ソーサリアンは入院している彼女に会いに行くことにした。ベーラを訪ねたソーサリアンだったが、彼女の記憶は、戻りそうになかった。事件を解決するカギを握っているだけに、何とかしたいのだが……。医者に「この村には彼女に効果がある薬がない」と言われては、なす術もない。
 事件の手掛かりを求め、遺跡の中をつぶさに調べて回るソーサリアン。しかし、意味不明の文字が記された石版を見つけるのがやっとだった。そんな時、怪しげな扉を見つけた。だが、扉には鍵がかけられていたのだ。村長に話をすると、「王の仮面」というアイテムを見つけたら、鍵をくれると言う。はたして、あの扉の向こうには何があるのか? また、この遺跡調査員殺人事件を、見事に解決することができるのだろうか?

原作者イラスト

佐藤賞受賞作品


「呪われた遺跡」


祖母井包くん

原作者の紹介

 佐藤(コンプティーク編集長)賞を受賞したのは祖母井くん。このシナリオを作った時は高校生でしたが、今はコンピュータカレッジに通っています。同時に、とある会社でゲームのシナリオも書いているそうですから、シナリオライターとしての実力を当時から持っていたのでしょう。そんな彼の趣味は、オートバイ(愛車はCBR250R)。学校へも毎日バイクで通っているのだそうです。ただし、片道が35キロあるために、通学するだけでかなり疲れてしまうとか。


プレイする皆さんへ……

 初めまして。祖母井です。これで「うばがい」と読みます。悩んだ人も意外に多かったんじゃないでしょうか。「呪われた遺跡」はいかがでしたか? ストーリーに自信がないため、楽しんでいただけたか心配です。大賞受賞作とCouplingというのも心配だし、似顔絵がどうなるかも…。あー、心配だらけ。ちなみに私はA型です。

祖母井 包

 

呪われた遺跡 関連リンク:
ABOUT SORCERIAN > SELECTED SORCERIAN
ABOUT SORCERIAN > ALL ABOUT SORCERIAN
SORCERIAN > SCENARIO DATA > 呪われた遺跡
SORCERIAN > SCENARIO MAP > 呪われた遺跡
SORCERIAN MUSIC FILES > CD&DVD > Hiro's Game Music Album -Selected Sorcerian-
SORCERIAN MUSIC FILES > CD&DVD > SORCERIAN COMPLETE -RARE SELECTION-
SORCERIAN MUSIC FILES > BGM一覧表3
SORCERIAN MUSIC FILES > Music Screenshot > SELECTED SORCERIAN


 

9-4 灼熱のワナ




シナリオメニュー に戻る


9-6 時の神殿