HOMESORCERIAN冒険の書 > 妖夢幻伝説
 

SORCERIAN

THE LEGEND OF THE PHANTOM
『妖夢幻伝説』

冒険の書 シナリオデータ シナリオマップ

 

Digest Story 〜ダイジェスト・ストーリー〜
妖夢幻伝説イメージ画 今から108年前、強大な権力をもって栄えていた、パズスという名の王朝があった。しかし、この繁栄も押し付けられてのもの。圧政に苦しんでいた国民は革命を起こし、国王一族を108もの封印にかけ、見事に封じたのであった。それから108年の歳月が流れた現在、異変が起こっているという。
 さっそく調査にやって来たソーサリアンたち。彼らは妖しげな摩天楼の姿を見て、何か得体の知れないモノの存在を感じていた。村長の話によると、あのパズス12世が復活するというのだ。ヤツは自分をこんな目にあわせた人間に復讐するべく、自分にかけられた封印を、1年にひとつずつ解いていき、そして、まさに今復活しようとしていたのである! パズス12世の力は強大であり、もしも完全に復活させてしまっては、いかにソーサリアンといえども、かなりの苦戦を強いられることになる。この国に平和を取り戻すためには、何とか今、ヤツを倒さねばならないのだ。
 ソーサリアンたちはパズス12世に関する情報を集めるために、島の中をくまなく歩き回った。住人の数はそう多くないものの、皆、パズスの存在には困っており、快く色々な情報を話してくれた。そんな時、洞窟の中で少女が倒れているのを見つけた! 彼女の名前はルー。しかし、彼女はそれ以上のことを話そうとはしなかった。彼女にも事情があるのだろうとソーサリアンはそのことに触れないようにした。
 ドラゴン島に、今回の事件のカギがあると踏んだソーサリアンたちは、船で島に渡ろうと試みた。しかし、潮の流れが早いため、足止めを食らってしまったのだ。彼らはしかたなく、一度村まで戻ることにした。そんな時、島に住むチェン少年が潮の流れについての重要な話を聞かせてくれた。流れが弱まるのは、1ヶ月のうち、わずかに半日だけなのだそうだ。そして今、その時を迎えた。さぁ、パズスを倒すため、ドラゴン島へと渡るのだ!

原作者イラスト

特別賞受賞作品


「妖夢幻伝説」


宮岸康晃くん

原作者の紹介

 大学生の宮岸くん。彼の趣味にはもちろんパソコンが含まれていますが、アセンブリ言語やC言語、コボルなどを勉強中と言いますからかなりの本格派ですね。また、MIDIによる音楽をやっていたり、最近ではゴルフも始めたりと、なかなか活発に活動しているようです。
 ちなみに「妖夢幻伝説」は、仲間と作っているStudio・Alphaと言うサークルで作ったシナリオだそうです。


プレイする皆さんへ……

 皆さんこんにちは宮岸です。妖夢幻伝説いかがでしたか? 構想を立てた時点で、舞台を東洋の日本か中国に持って行きたいと思っていました。『ソーサリアン』でどの程度中国っぽい感じを表現できるのかは多少不安でしたが。
 ソーサリアンやパズス一族の西洋とのつながりや、パズスとルーの微妙な心理関係を、みなさんに理解してもらえたら嬉しいのですが……。

宮岸康晃

 

妖夢幻伝説 関連リンク:
ABOUT SORCERIAN > SELECTED SORCERIAN
ABOUT SORCERIAN > ALL ABOUT SORCERIAN
SORCERIAN > SCENARIO DATA > 妖夢幻伝説
SORCERIAN > SCENARIO MAP > 妖夢幻伝説
SORCERIAN MUSIC FILES > CD&DVD > Hiro's Game Music Album -Selected Sorcerian-
SORCERIAN MUSIC FILES > CD&DVD > SORCERIAN COMPLETE -RARE SELECTION-
SORCERIAN MUSIC FILES > BGM一覧表3
SORCERIAN MUSIC FILES > Music Screenshot > SELECTED SORCERIAN


 

9-7 闇に消えた女神




シナリオメニュー に戻る


9-9 封印