HOMESORCERIAN冒険の書 > 封印
 

SORCERIAN

THE SEAL
『封印』

冒険の書 シナリオデータ シナリオマップ

 

Digest Story 〜ダイジェスト・ストーリー〜
ワーウルフ 刑務所の近くをソーサリアンたちが通りかかったとき、外で見張りをしていた牢番が話し掛けてきた。話によると、この刑務所に捕えられていた凶悪なモンスター、ワーウルフ(狼人間)が牢から逃げ出してしまったらしい。すぐにでも牢番自身が捕まえに行こうとしたのだが、いかんせん人手不足。今、持ち場を離れるわけにはいかないのだと言う。そこで、たまたまそこを通りかかったソーサリアンに、かわりに捕まえてくるように依頼したのであった。
 牢番からワーウルフが「リーク=ディオンの遺跡」に逃げ込んだことを聞いたソーサリアンたちは、さっそく遺跡へと向かうことにした。だが、遺跡は海を越えた島にあるという。どこから行けばよいのだろう? しかし心配する必要はなかった。と言うのも、船着場には船に乗った船頭さんがいたからだ。彼に話し掛けてみると、すぐに船を出してもらえることがわかった。かくして、遺跡のある島へ、渡ることができたのである。ワーウルフを探しに島に上陸したソーサリアンたちの前に、ひとりの女の子が現れた。名前をシルフィというその少女は、遺跡を調査していた学者フォルファスの娘で、父親が作った遺跡の地図を持っているという。 (※ ここで、プレイする皆さんは、シルフィをパーティーに入れるかどうかの選択を迫られることになります。というのも、このシナリオは皆さんの選んだコマンドによって微妙にストーリーが変わってくるように作られているからです。)
 「リーク=ディオンの遺跡」。ここには落とし穴などのトラップや、あることをしないと開かない扉など、様々な仕掛けが用意されている。だから、遺跡自体は決して広くはないものの、思うようにワーウルフを探すことができないのだ。しかし、ワーウルフは、この遺跡のどこかにいるはずだ。こうなったら、地道に一歩一歩確かめていくしかないだろう。はたしてソーサリアンたちは、無事にワーウルフを捕まえることができるだろうか?

封印・ロゴ

審査員特別賞受賞作品


「封印」


川北浩之くん

原作者の紹介

 川北くんがこのシナリオを作ったのは、専門学校へ通っているころ。シナリオコンテストに3作品応募したのですが、「封印」は3作品目にあたるそうです。受賞作は、2作品を作り終えた時に「こんなこともやってみたかった」と思ったのがきっかけで、わずか半日で作り上げてしまったとか。作り方のコツを会得していたとはいえ、これには驚かされました。
 現在は友達と同人ソフトを作っているとのこと。彼の担当はグラフィックだそうです。


プレイする皆さんへ……

 今までの「ソーサリアン」は、1本道と言うか、ストーリーがキッチリと決まっていましたよね? これはこれで面白いと思うのですが、私はもう少し自由になるシナリオがあってもいいんじゃないかと思ったんです。このシナリオはプレイする方法によて、ストーリーが微妙に変わるようにできています。全てのストーリー、全てのシーンが見れるよう、皆さんにも頑張って欲しいですね。
川北浩之

 

封印 関連リンク:
ABOUT SORCERIAN > SELECTED SORCERIAN
ABOUT SORCERIAN > ALL ABOUT SORCERIAN
SORCERIAN > SCENARIO DATA > 封印
SORCERIAN > SCENARIO MAP > 封印
SORCERIAN MUSIC FILES > CD&DVD > Hiro's Game Music Album -Selected Sorcerian-
SORCERIAN MUSIC FILES > CD&DVD > SORCERIAN COMPLETE -RARE SELECTION-
SORCERIAN MUSIC FILES > BGM一覧表3
SORCERIAN MUSIC FILES > Music Screenshot > SELECTED SORCERIAN


 

9-8 妖夢幻伝説




シナリオメニュー に戻る


それゆけ! ドトーのトライアスロン