CD

7th dragon limited sound track Fragment
セブンスドラゴン・リミテッド・サウンド・トラック・フラグメント

Label
レーベル
SEGA
セガ
Cover
前面
7th dragon limited sound track Fragment
このCDをAmazonで購入
Release Date
発売日
2009/ 3/ 5
Published by
発売元
SEGA
セガ
Catalog Number
型番
SGSP-DT038
Release Price
価格
Not for Sale
非売品
Disc length
全長
10:17

 セガからニンテンドーDSで発売された『セブンスドラゴン』に初回特典特典として付いてきた『Dragon Chronicle』に入っている音楽CDで、楽曲作成の過程で作られた未使用曲を収録している。翌月にはフルサントラの『7th DRAGON ORIGINAL SOUNDTRACK』も発売されている。また、続編の『セブンスドラゴン2020』でも同様に特典CDが付けられており、同ゲームシリーズには必ず付属する形となっている。

 『セブンスドラゴン』は、アトラスで『世界樹の迷宮』のディレクターだった新納一哉氏がイメージエポックに移籍して作ったRPGで、音楽には再び古代祐三氏が指名される形となった。基本的にはオーソドックスなタイプのRPGであるが、随所に世界樹の迷宮にあった要素が垣間見えている。なお、難易度は高めである。

 今回の特典の『Dragon Chronicle』には、マガジン風のブックレット『world faShion and culture magazine SEVEN』と、音楽CDの『7th dragon limited sound track Fragment』の二つが内包されている。
 ブックレットでは、”ユウゾコシロ”と言うゲーム内に実在したとされる伝説の作曲家の音楽作成の逸話が半ばパロディのように書かれている。もちろんこれは古代氏をモチーフにしたキャラクターで、書かれている事は架空ではあるものの、交響曲”七竜”に使われるはずだった未発表曲が生誕250年目にして発見されたと言う内容であったり、「世界樹」と言う名前が出てきたりで、現実にあったであろう苦労話を垣間見る事が出来る。冊子には同様に、イラストのモタ氏やプロデューサーの小玉理恵子氏、ディレクターの新納氏がモチーフであろう架空キャラも登場している。
 音楽CDには、ゲームには使われていないアウトテイク曲が5曲収録されている。FM音源を使った世界樹の迷宮の時とは違い、基本的にはシンセサイザーのオーケストラを使った楽曲となっており、「美しき箱庭/ミロス連邦国」や「南洋の歌姫/マレアイア群島国」の元曲になった(?)であろう曲や、戦闘シーンやラスボス戦風の曲が入っていて、荒削りな感じではあるものの、完成したゲームの楽曲の雰囲気を感じ取る事が出来る。

 

No. Title
曲目
GAME
ゲーム
Composer
作曲者
Length
時間
1. out take #01 7TH DRAGON 古代祐三 1:03
2. out take #02 7TH DRAGON 古代祐三 1:51
3. out take #03 7TH DRAGON 古代祐三 3:10
4. out take #04 7TH DRAGON 古代祐三 1:38
5. out take #05 7TH DRAGON 古代祐三 2:36
all muSic written by yuzo koShiro

 
▼ 古代祐三 Discography

■セガ:セブンスドラゴン 全一覧表 7th DRAGON ORIGINAL SOUNDTRACK

CuldceptDS ORIGINAL SOUNDTRACK DELUXE
■ 古代祐三 CD 全一覧表■古代祐三 CD 2007〜2010一覧表 7th DRAGON ORIGINAL SOUNDTRACK