HOMESORCERIAN冒険の書 > 大魔法使いエティスの予感
 

SORCERIAN

PROLOGUE
『プロローグ』

 

プロローグ〜大魔法使いエティスの予感〜
戦国ソーサリアンイメージ

 ソーサリアンが何度めかの冒険の旅に出ている頃、ペンタウァの城に、ひとりの年老いた魔法使いが駆け込んできた。目を血走らせ、髪を振り乱した必死の形相と、その年齢からは想像もできないくらいの速さで駆け続けている姿は、誰の目にも奇異に写った。
 しかし、その異様な老魔法使いが、そのまま城のなかに入ろうとするのを阻む者はなかった。いや、むしろ誰もが、尊敬の念をもって彼を迎え入れようとしていた、といっていいだろう。そう、彼こそが、ペンタウァの平和を司る偉大な魔法使いエティス、その人だったのだ!
 エティスがよろけるような足取りで謁見の間に入ると、その姿に驚いた王は彼にたずねた。
「エティスよ、いったいどうしたというのだ!? いつも冷静なおまえが、それほどまでに取り乱すとは……」
 エティスは、自身の意思とは裏腹に、なかなかおさまろうとしない動機の激しさにイライラしながらも、王の質問に答えた。
「王よ、事件なのです! それも、私の理性を狂わせる、いや破壊するほどの大事件が起ころうとしているのです!」

彼のいう゛大事件"とは、次のようなことだ。

ペンタウァよりはるか東方に位置する、日本という小さな島国。そこは今まさに戦国の世を迎え、いたるところで戦火が交えられ、罪もない民衆の血が流されているという。エティスは、この殺伐とした小さな国、日本から、邪悪で強大な゛魔"の波動を感じ取ったというのだ。その゛魔"は人の心を自在に操って戦いを増幅させ、それによって死んだ人間の魂を食らって生きているという。
「王よ、゛魔"は日ごとその力を増大させております。いまのうちにヤツの息の根をとめないと、゛魔"は日本はおろか全世界までも覆いつくし、すべての生き物を滅ぼしてしまうことでしょう」

翌朝、謁見の間には、思い思いの装備に身を包んだソーサリアンの姿があった。王は、たかぶる心を抑えつつ、ことの重大さを諭すようにゆっくりと、ソーサリアンにエティスの話を聞かせ、そして命じた。
「ソーサリアンよ、゛魔"の討伐のため、日本へ向かうのだ。もはや一刻の猶予もならん。人類が滅びるか否かは、そなたたちの腕にかかっているぞ!」

 

戦国ソーサリアン 関連リンク:
ABOUT SORCERIAN > 戦国ソーサリアン
ABOUT SORCERIAN > ALL ABOUT SORCERIAN
ABOUT SORCERIAN > コミック 戦国ソーサリアン
ABOUT SORCERIAN > SORCERIAN ART&GRAPHICS
ABOUT SORCERIAN > Falcom History Legend of Illustrations
SORCERIAN MUSIC FILES > CD&DVD > SORCERIAN SUPER ARRANGE VERSION III
SORCERIAN MUSIC FILES > CD&DVD > SORCERIAN ONLINE
Ys MUSIC FILES > Falcom CD > Falcom SPECIAL BOX '90
Ys MUSIC FILES > Falcom CD > Falcom J.D.K.BAND 1
Ys MUSIC FILES > Falcom CD > Falcom J.D.K.BAND 2
Ys MUSIC FILES > Falcom CD > Falcom ENDING COLLECTION 1987〜1992
Ys MUSIC FILES > Falcom CD > PREPRIMER
SORCERIAN MUSIC FILES > BGM一覧表2
SORCERIAN MUSIC FILES > Music Screenshot > 戦国ソーサリアン


-

4-5 アマゾンの剣




シナリオメニュー に戻る


5-1 武田信玄の章