CD

FM Sound Module Maniax
FM音源マニアックス

Label
レーベル
enter brain
エンターブレイン
Cover
前面
FM音源マニアックス
Release Date
発売日
2006/ 6/ 1
Published by
発売元
enter brain
エンターブレイン
Catalog Number
型番
FMCD-1006
Release Price
価格
\2,835
(\2,700)
Disc length
全長
68:54

 エンターブレインより発売されたコンピレーションCD。着信メロディ配信サイト「メロディクリップ♪」の公式サイトでの完全予約生産で、特典として特製ストラップが付いていた。本来の発売日(発送開始日)は6月1日であったが、予約数が多かったため発送が7日以降に延期されたほどの好評だった。

 FM(Frequency Modulation)音源は、複数の周波数の音(正弦波)の合成によって様々な音色を作り出せる音源で、1983年にYAMAHAから発売され大ヒットしたシンセサイザー・DX7に搭載されて人気を博した。1980年代から90年代にかけてのアーケードゲームや、PC-8801・9801・X68000などのPCゲーム、そしてメガドライブなどの家庭用ゲーム機でも使用されており、その独特な音は多くの愛好家を生み出している。1990年代の半ばに入ると、より本物の楽器に近い音が出せるMIDI音源や、録音した音を使う事の出来るサンプリング音源やCD-DAなどに押されてゲームで使用される事は無くなって行ったが、2000年代に入ると携帯電話に音源として搭載する機種が登場したり、レトロゲーム人気の再燃や懐古的なFM音源愛好家などによって再び注目される機会が出てきている。

 「FM音源マニアックス」は、エンターブレインの着信メロディ配信サイト「メロディクリップ♪」にて、佐野電磁こと佐野信義氏が中心となって立ち上げた特別企画で、”ゲームとともに一時代を築いたFM音源にリスペクトしよう”とのコンセプトの下、著名ゲームミュージッククリエイターたちに声をかけてFM音源オンリーでオリジナル楽曲を作り、携帯電話の着メロ・着うたとして配信するプロジェクトだった。作られた楽曲は全曲CD化する事を企図しており、無事今作CDが発売される運びとなっている。今作には、古代祐三氏や桜庭 統氏、細江慎治氏など80年代〜90年代にFM音源を使いこなして著名となった人物から、同時代に内蔵音源を駆使して活躍した古川もとあき氏、当時FM音源で挫折し20年越しのリベンジを図る佐野電磁氏、国民的人気RPGを手がけた伊藤賢治氏などの、名だたる人物が参加している。参加メンバーの主な所属先と代表タイトル(ナンバーや副題は略)は以下の通り。なお、ライナーノーツには下記メンバーのプロフィールやコメントなどが掲載されている。

  ●桜庭 統(ウルフチーム:アークススターオーシャンテイルズシリーズなど)
  ●細江慎治(ナムコ、アリカ、スーパースィープ:ドラゴンスピリット鉄拳リッジレーサーなど)
  ●佐野電磁(ナムコ、キャビア:リッジレーサー鉄拳beatmania IIDXなど)
  ●大久保 博(ナムコ:リッジレーサーエースコンバットなど)
  ●伊藤賢治(スクウェア:サガシリーズ聖剣伝説カルドセプトなど)
  ●下村陽子(カプコン、スクウェア:ストリートファイターIIキングダムハーツなど)
  ●なるけみちこ(日本テレネット:天使の詩ワイルドアームズなど)
  ●渡部恭久(タイトー、スーパースィープ:サイバリオンメタルブラックカスタムロボなど)
  ●岡部啓一(B.K.O)(ナムコ、MONACA:鉄拳太鼓の達人塊魂など)
  ●古川もとあき(コナミ:グラディウス悪魔城伝説スナッチャーなど)
  ●三宅 優(ナムコ:鉄拳リッジレーサー塊魂など)
  ●相原隆行(ナムコ、アリカ:鉄拳ストリートファイターEXなど)
  ●高橋コウタ(ナムコ:リッジレーサー風のクロノアなど)
  ●古代祐三(エインシャント:イースソーサリアンアクトレイザーベアナックルなど)

 今作で古代氏はトリを務めており、PC-8801やメガドライブと似た構成の4ペレーター+リズム音源と言う制約のある環境を敢えて選択し、80年代当時の「FM音源臭い」懐かしさのあるプログレ風の曲を作っている。シンセイサイザーは、OPM(X68000などに搭載した音源)シミュレータのVOPMと、4オペレーターに制限したFM7(DX7を再現するソフトウェアシンセ)を使用。ちなみに、古代氏がFM音源で作った楽曲を発表するのは、1995年の『卍PSY幽記』(PC-9801/psd)以来実に10年ぶりの事となっている。翌2007年には『世界樹の迷宮』でFM音源をメインに使用した楽曲が大いに話題となって”古代節”人気に再度火が付いており、くしくも今作は古代氏によるFM音源楽曲”完全復活”の前夜とでも言えるような出来事となった。

 

No. Title
曲目
GAME
ゲーム
Composer
作曲者
Length
時間
1. 追憶
桜庭 統 4:40
2. Liquid soup
細江慎治 4:33
3. tulip
佐野電磁 4:55
4. Feeling Melodic
NBGI(大久保博) 4:55
5. Lazy Night
伊藤賢治 4:55
6. The Absolute Primitive
下村陽子 4:23
7. L.s.
なるけみちこ 3:35
8. eastshire
渡部恭久 3:40
9. ozone
岡部啓一 4:06
10. 虹の彼方へ
古川もとあき 4:18
11. tripleVOPM
NBGI(三宅優) 8:52
12. Metamorphose
相原隆行 4:56
13. everlasting
高橋コウタ 4:17
14. 4operators
古代祐三 6:49

 

FM音源マニアックス

sound creators :
(五十音順 敬称略)
相原隆行
伊藤賢治
大久保博〔※〕
岡部啓一(B.K.O)
古代祐三
桜庭統
佐野電磁
下村陽子
高橋コウタ
なるけみちこ
細江慎治
古川もとあき
三宅優〔※〕
渡部恭久
〔※〕NAMCO BANDAI Games Inc.

published by ENTERBRAIN,INC. (http://www.enterbrain.co.jp/)
produced by “Melody Clip ♪” (http://melodyclip.com/)
concept designed and sound producerd by “Nobuyoshi Sano”
directed by  Manabu Fujiki (“Melody Clip ♪”)
mastered by  Naomi Sassa
mastered @ Memory-Tech Corporation (http://www.memory-tech.co.jp/)
art designed by  福田興業 (http://www.asahi-net.or.jp/~xj3m-fkd/)
art directed by  Takako Miura

executive producer : Hirokazu Hamamura
supervisor : Takayuki Saito
designer management : Hidehiro Hagiwara
sales and marketing : Tomoyoshi Sakai, Manabu Yonaha
sales promoter : Ami Shibata, Yutaka Ikeda
“Melody Clip ♪” manager : Masaomi Kamiya
“Melody Clip ♪” staff : Yuuko Watanabe, Junji Fukui, Daisuke Hirase
special thanks to Takeshi Abo

 
▼ 古代祐三 Discography

Dance Dance Revolution STRIKE&FESTIVAL ORIGINAL SOUNDTRACK
■ 古代祐三 CD 全一覧表■古代祐三 CD 1995〜2006一覧表 Pink Sweets Original Sound Track