PC Engine

Music Screenshot: YsI Ancient Ys Vanished - PC Engine Ver.
音楽使用場面:イースI - PCエンジン版

Platform/Version
機種/版
TurboGrafx-16
PC Engine
初期通常版
TurboGrafx-16
PC Engine
名作復刻版
Cover
前面
PCエンジン版イースI・II
このゲームをAmazonで購入
PCエンジン版イースI・II 名作復刻版
このゲームをAmazonで購入
Release Date
発売日
1989/12/21 1994/12/16
Published by
発売元
HUDSON
ハドソン
HUDSON
ハドソン
Developed by
開発元
Alfa System
アルファ・システム
Alfa System
アルファ・システム
Catalog Number
型番
CD-ROM2: HCD9009 CD-ROM2: HCD4074
Release Price
価格
\7,800 \4,179
Sound Generator
音源
PSG6音 / CD-DA PSG6音 / CD-DA
Display resolution / Color
解像度/色数
320 x 240
最大512色表示
320 x 240
最大512色表示

SOUND STAFF 音楽ディレクター:笹川敏幸
CDオーディオアレンジ:米光 亮
PSGミュージック/効果音:星 恵太
Original Soundtrack
&
All Music Arrange CD
PC Engine版 YsI・II ハドソンCD-ROM2音楽全集 PERFECT COLLECTION Ys
全機種画像比較 イースI 画像比較 前編イースI 画像比較 後編

 イースIとイースIIをひとつに統合して制作されたPC Engine版。発売元はハドソンで、開発はアルファ・システム。移植にはイース開発のオリジナルスタッフの一人である山根ともお(天城秀行)氏が全面的に関わっている。

 声優を使ってキャラクターを喋らせたり、オーディオCDトラック(CD-DA)を利用して音楽を演奏するなど、それまでのゲーム機とは比較にならない贅沢な音源を使っている。当時出たばかりのCD-ROMの力を世に示した作品で、数あるPCエンジンの作品の中でも名作のひとつに数えられることが多い。IとIIとの統合によって再調整されたゲームバランスも良く、イースの移植版としては最高峰の作品と言える。

 CD-DAで演奏される曲のアレンジは、MUSIC FROM Ysでアレンジ曲を担当した米光亮氏が行っており、以後PC Engine版のイースシリーズ全てに米光氏が関わっていく事となる。また、追加されたオープニングにはイース未使用曲のTHEME OF ADORUが使われているが、容量の関係でエンディングのTHE MORNING GROWがカットされてしまっている。

 

FEENA
オープニングビジュアル1 タイトル
タイトル
起動時のPCエンジン版で追加されたオープニングビジュアル〜タイトル画面で使用。
作曲:古代祐三/編曲:米光 亮

THEME OF ADORU
エステリアへ向かうアドル ハーモニカを吹くレア
アドル ダルク=ファクト
フィーナ ダームの塔を見上げるルタ
ゲームを始める時のオープニングビジュアルシーン(声優キャスト)で使用。曲はダーム塔用に作曲されたが、パソコン版ではお蔵入りになってしまっていたTHEME OF ADORU。以後に発売されるイースシリーズでは必ず何らかの形でこの曲が使われるようになった。
作曲:古代祐三/編曲:米光 亮

FOUNTAIN OF LOVE
港 ミネアの街
ゼピック村
ゲーム冒頭の港のシーン、ミネアの街、及びゼピック村で使用。セガサターン版でもこの曲がゼピック村で使用されている。PCE版では嵐の結界が存在せず、アドルは船でエステリアへと入る。(PSG曲)
作曲:石川三恵子/PSGコンバート:星恵太

THE SYONIN
取引所『ピム』 オーマンの酒場
武器の店『ロゼッティ』 防具の店『ディオス』
クラーゼの病院
ミネアの街の店で使用。グラフィックはPCE版用に描きなおされている。(PSG曲)
作曲:古代祐三/PSGコンバート:星恵太

TEARS OF SYLPH
占いの店”サラ” 村長の家
ジェバの家 盗賊のアジト
サラの店、ゼピック村の家、及び盗賊のアジトで使用。グラフィックは描きなおされている。
(PSG曲)
作曲:古代祐三/PSGコンバート:星恵太

FIRST STEP TOWARDS WARS
草原 神殿入口
ミネアの街を出た直後の草原とバギュ=バデット周辺で使用。パソコン版ではゼピック村もこの曲だったが、PCエンジン版ではFOUNTAIN LOVEが使用されている。
作曲:古代祐三/編曲:米光 亮

PALACE
神殿回廊
神殿の1階〜ジェノクレスの所までの使用。水滴が落ちる音を入れた独特のアレンジ。
作曲:古代祐三/編曲:米光 亮

HOLDERS OF POWER
ジェノクレス ニグティルガー
ヴァジュリオン ピクティモス
コンスクラード ヨグレクス&オムレガン
ダルク=ファクト以外のボス戦で使用。IとIIが統合されたPCエンジン版ではIIのボス戦でもこの曲が使用されている(そのためIIで使用されていたPROTECTERSは使われていない)。
作曲:古代祐三/編曲:米光 亮

PALACE OF DESTRUCTION
神殿奥
神殿の地下で使用。
作曲:古代祐三/編曲:米光 亮

FEENA
地下牢のフィーナ
神殿の地下牢からフィーナを助け出す時のイベントシーンで使用(声優によるナレーション入り)。
作曲:古代祐三/編曲:米光 亮

BEAT OF THE TERROR
廃坑
廃坑で使用。
作曲:古代祐三/編曲:米光 亮

FEENA
レアのハーモニカ
レアにハーモニカを返すと流れる。パソコン版では『太陽の神殿』の曲Temple del solだった。以後に発売されるイースではファルコムが出したETERNALも含め全てFEENAに変更された。
作曲:古代祐三

TOWER OF THE SHADOW OF DEATH
塔外周部 塔・地下牢
塔・鏡面世界 ラドの塔への通路
ラドの塔・レア
ダームの塔で使用。ラドの塔に囚われているレアのイベントシーンでは声優による会話シーンのバックで流れる。
作曲:古代祐三/編曲:米光 亮

DEVIL'S WIND
悪魔の回廊
悪魔の風が吹き荒ぶ回廊で使用。(PSG曲)
作曲:古代祐三/PSGコンバート:星恵太

THE LAST MOMENT OF THE DARK
塔の最上階・ダルク=ファクト
塔の最上階で使用。ダルク=ファクトとの会話シーンでは声優の声のバックで流れる。
作曲:古代祐三/編曲:米光 亮

FINAL BATTLE
ダルク=ファクト
ダルク=ファクト戦で使用。FM77AV版の完全メロディ部分は使われていない。
作曲:古代祐三/編曲:米光 亮

REST IN PEACE
最終決戦の後
ダルク=ファクト戦後に使用。イースIIの神官の部屋でも使用されている。(PSG曲)
作曲:古代祐三/PSGコンバート:星恵太

SO MUCH FOR TODAY
GAME OVER
GAME OVERの時の曲。パソコン版使われていた曲(題不明)ではなくIIでの曲と同一。(PSG曲)
作曲:石川三恵子/PSGコンバート:星恵太

Lucky 宝箱
アイテム入手
アイテム入手時に使用。ファミコンのメトロイド(任天堂)を参考に曲が作られている。
作曲:古代祐三/PSGコンバート:星恵太