PC-8801mkII SR PC-9801 FM77AV

Music Screenshot: Ys Ancient Ys Vanished Omen - PC-8801, PC-9801, FM77AV Ver.
音楽使用場面:イース- 原作パソコン版

Platform
機種
PC-8801 PC-9801 FM77AV
Cover
前面
イース
イースPC-8801帯
復刻版をAmazonで購入
イース
イースPC-9801帯
イース
イースFM77AV帯
Release Date
発売日
1987/ 6/21 1987/ 8/28 1987/10/ 8
Published by
発売元
Nihon Falcom
日本ファルコム
Nihon Falcom
日本ファルコム
Nihon Falcom
日本ファルコム
Developed by
開発元
Nihon Falcom
日本ファルコム
Nihon Falcom
日本ファルコム
Nihon Falcom
日本ファルコム
Catalog Number
型番
5"FD 2D: NFNW17005 5"FD 2DD: NFNW11008
5"FD 2HD: NFNW14006
3.5"FD 2DD: NHNW11007
3.5"FD 2D: FUNW19001
Release Price
価格
\7,800 \7,800 \7,800
Sound Generator
音源
FM3音+SSG3音

FM3音+SSG3音
BEEP
FM3音+PSG3音

Display resolution / Color
解像度/色数
640 x 200
8色表示
640 x 200
8色表示
640 x 200
8色表示

SOUND STAFF 古代祐三 / 石川三恵子
Original Soundtrack CD MUSIC FROM Ys FALCOM GAME MUSIC FALCOM SPECIAL BOX '91 Ys SUPER COLLECTION
All Music Arrange CD PERFECT COLLECTION Ys MUSIC FROM Ys RENEWAL
全機種画像比較 イースI 画像比較 前編イースI 画像比較 後編

 現在(2013年)でも続編が発表され続けている歴史あるARPG、『イース』シリーズの原点となる作品。そのオリジナルバージョンがこのPC-8801版になる。また、PC-9801版、およびFM77AV版は、ほぼ同等の移植版である。

 1987年当時のファルコム作品は、国内史上最高売上本数を記録している『ザナドゥ』をはじめ、木屋善夫氏によるドラゴンスレイヤーシリーズが人気を集めており、発表時点でのイースは必ずしも注目を集めていたタイトルとは言えなかった。しかし、当時のパソコンゲーム界の高難易度を目指す風潮の中、誰でもエンディングまで到達できる”優しさ”を持ったイースは発売されるとたちまち大ヒットとなり、同年発売の『ソーサリアン』と共に1987年を代表する作品としてその名を轟かせることとなる。イースのヒットはゲーム業界に広く影響し、それ以後のパソコンゲームの流れを転換させた作品としても重要な役目を担ったと言える。

 原作パソコン版イースでは、FM音源が使えるPC88, PC98, FM77AV版と、PSG音源のみのX1, FM7/77, MSX版とでは、一部シーンの使用曲に違いがあり、またゲーム本編では使われなかった未使用曲も含めるとその総曲数は30曲を超える。楽曲は古代祐三氏と石川三恵子氏の二人が担当しており、特に古代氏の曲はその9割ほどを占めている。FM音源で奏でられるメロディーは、同年12月に発売の『ソーサリアン』の楽曲と共に高く評価され、「古代祐三」の名を世間に大きく知らしめた作品となった。なお、未使用曲は各機種のミュージックモードにて聴く事が可能で、また10年後にファルコム自らの手でリメイクされた『Ys ETERNAL』ではそれらの未使用曲も随所で使われている。

 当時のゲームオリジナルサントラCDは、全曲アレンジ曲で構成されているか、もしくはゲームプレイ中の音を録音してそのまま収録しているような内容が多く、全ての曲がトラック別にきちんと収まっていると言う事はほとんど見られなかった。'87当時発売された2枚のイースサントラの内アルファレコードから発売された『FALCOM GAME MUSIC』はそのようなタイトルの一つだが(ただしイースの曲は比較的まともに収録されている)、キングレコードから発売された『MUSIC FROM Ys』は1トラック毎に1曲をしっかりと収録していて、ゲームサントラCDにも革命をもたらした作品とも言われている。

 

FEENA
タイトル
タイトル画面で使用。イースIIではハーモニカの曲で登場。X1 / MSXではPSG曲のOPEN YOUR HEARTに差し替えられている。
作曲:古代祐三

FOUNTAIN OF LOVE
ミネアの街
ミネアの街で使用される。イースIVではこの曲がベースにFOUNTAIN OF LOVE '93が作られた。
作曲:石川三恵子

THE SYONIN
取引所ピム オーマンの酒場
武器の店”ロゼッティ” 防具の店”ディオス”
クラーゼの病院
ミネアの街の店(取引所ピム、オーマンの酒場、武器の店”ロゼッティ”、防具の店”ディオス”、クラーゼの病院)で使用。
作曲:古代祐三

TEARS OF SYLPH
占いの店”サラ” 村長の家
ジェバの家 盗賊のアジト
ミネアの街「占いの店”サラ”」とゼピック村の家、盗賊のアジトで使用
作曲:古代祐三

FIRST STEP TOWARDS WARS
草原 ゼピック村
神殿入口
ミネアの街を出た直後の草原〜ゼピック村〜バギュ=バデット周辺で使用。98版のFM音源未搭載機種ではダームの塔の直前まで全域でBEEP音のこの曲が流れる。
作曲:古代祐三

PALACE
神殿回廊
神殿の1階〜ジェノクレスの所までの使用。
作曲:古代祐三

HOLDERS OF POWER
ジェノクレス ニグティルガー
ヴァジュリオン ピクティモス
コンスクラード ヨグレクス&オムレガン
ダルク=ファクト以外のデカキャラ戦で使用。元々は一体ごとに曲がつく予定だったが最終的にこの曲で統一と決まった。
作曲:古代祐三

PALACE OF DESTRUCTION
神殿奥
神殿の地下で使用。古代祐三氏編曲によるサウンドボードIIバージョンがFALCOM GAME MUSICに収録された。
作曲:古代祐三

BEAT OF THE TERROR
廃坑
廃坑で使用。X1 / MSX版ではPSG曲のDEVIL'S STEPに差し替えられている。
作曲:古代祐三

Temple del Sol
レアのハーモニカ
レアのハーモニカの場面で使用。後に発売された移植版イースのほとんどでは別の曲が使われている。元々は前年にファルコムから出ていたAVG「太陽の神殿」のタイトルで使用されていた曲。CD未収録。
作曲:阿部隆人

TOWER OF THE SHADOW OF DEATH
塔外周部 塔・地下牢
塔・鏡面世界 ラドの塔への通路
塔で使用。98版のFM音源未搭載機種では塔全域でBEEP音の曲(題不明)が流れる。X1 / MSX版ではPSG曲のTENSIONに差し替えられている。また、ETERNALではこの曲の他に未使用曲の「DREAMING」とPSG曲の「TENSION」も使用されている。
作曲:古代祐三

DEVIL'S WIND
悪魔の回廊
悪魔の風が吹き荒ぶ回廊で使用。
作曲:古代祐三

THE LAST MOMENT OF THE DARK
塔の最上階
塔の最上階・最後の戦い前で使用。
作曲:古代祐三

FINAL BATTLE REST IN PEACE
ダルク=ファクト 最終決戦の後
最後の戦い(ダルク=ファクト戦)で使用。FM77AV版のメロディーのみ完全版。 ダルク=ファクト戦後に使用。イースIIの神官の部屋でも使用されている。
作曲:古代祐三

THE MORNING GROW
PC-8801 / PC-9801 FM77AV
エンディング エンディング
エンディング エンディング
エンディングで使用。古代祐三氏編曲によるサウンドボードIIバージョンがFALCOM GAME MUSICに収録された。FM77AV版はMSX版と同じグラフィックが表示される。
作曲:古代祐三

SEE YOU AGAIN
PC-8801 / PC-9801 FM77AV
スタッフロール スタッフロール
最後のスタッフロールで使用。88 / 98版ではバックで星が飛んでいる。
作曲:古代祐三

GAME OVER Lucky 宝箱
GAME OVER アイテム入手
GAME OVERの時に使用。12秒ほどの短い曲。CD未収録。 アイテム入手時に使用。ファミコンのメトロイド(任天堂)を参考に曲が作られている。
作曲:古代祐三 作曲:古代祐三

Ys 未使用曲集
PC-8801版…Bディスクをドライブ1に入れて「Y」キーと「S」キーを押しながら起動する。

FM77AV版…Bディスクをドライブ0に入れて「YSAV」と入力する。

PC-9801版…イース2プログラムディスクをドライブ1、イースプログラムディスクをドライブ2に入れてF6キーを押しながら起動。他の機種に無かった2曲が追加されている。

FAIR WIND
PC-8801 PC-9801
Ys 未使用曲集 Fair wind Fair wind
FM77AV
Ys 未使用曲集 Fair wind
プログラマーの橋本昌哉氏が初めて作った曲。YsII ETERNALでは回想シーンで使用されている。
作曲:橋本昌哉

むかし懐かしいショップ
PC-9801
むかし懐かしいショップ
PC-9801版のみで聴ける。音楽CDには収録された事がない。
作曲:橋本昌哉

レアの詩
PC-9801
Lost time レアの詩
PC-9801版のみで聴ける。 98版で、イースIIプログラムディスクをドライブ1、イースIユーザーディスクをドライブ2に入れると見ることが出来るレアの詩。Lost Timeと言う曲名だったが、Falcom SPECIAL BOX '91に収録された際にレアの詩へと変更された。
作曲:T.M (宮崎友好?)

SHINING STAR
PC-8801 PC-9801
Ys 未使用曲集 Shining Star Shining Star
FM77AV
Ys 未使用曲集 Shining Star
盗賊のゴーバンのために書かれた曲だったが、あまりに可愛らしすぎたためボツに。
なお、この曲はYsII(PC-98)のMusicMode冒頭で使用されている。
作曲:石川三恵子

DREAMING
PC-8801 PC-9801
Ys 未使用曲集 Dreaming Dreaming
FM77AV
Ys 未使用曲集 Dreaming
FM音源によるドラム音を試みた曲。メロディーはPSGのみ。Ys ETERNALではダームの塔の鏡面の部屋で使われた。
作曲:古代祐三

CHASE OF SHADOW
PC-8801 PC-9801
Ys 未使用曲集 Chase of shadow Chase of shadow
FM77AV
Ys 未使用曲集 Chase of shadow
最初にデカキャラ用に作られた曲。Ys ETERNALではダームの塔のボス戦で使われた。
作曲:古代祐三

CHURCH
PC-8801 PC-9801
Ys 未使用曲集 NHK教育 NHK教育
FM77AV
Ys 未使用曲集 NHK教育
当初の曲名はNHK教育だった。作曲者本人曰く「駄作!駄作ゥ!」
作曲:古代祐三

OVER DRIVE
PC-8801 PC-9801
Ys 未使用曲集 NHK教育 NHK教育
FM77AV
Ys 未使用曲集 NHK教育
YsII ETERNALYs ORIGINではダレス戦で使用された。
作曲:古代祐三

DEPARTURE
PC-8801 PC-9801
Ys 未使用曲集 旅立ち 旅立ち
FM77AV
Ys 未使用曲集 旅立ち
原題は飛翔の時。当時のPC-88では第一水準漢字ROMに『翔』の文字が無かったため旅立ちに変更された。Ys ETERNALであらたに追加されたバルバドの港で使われている。
作曲:古代祐三

CROSSROAD OF SADNESS
PC-8801 PC-9801
Ys 未使用曲集 悲しみクロスロード 悲しみクロスロード
FM77AV
Ys 未使用曲集 悲しみクロスロード
日本語名悲しみクロスロード。作曲者が曲を作る前日にヴ○リ○を終わらせ、感動して作った曲。
作曲:古代祐三

BATTLE GROUND
PC-8801 PC-9801
Ys 未使用曲集 Battle Ground Battle Ground
FM77AV
Ys 未使用曲集 Battle Ground
元々はジェノクレス戦用の曲だった。YsII ETERNALでは終盤のサルモンの神殿で使われた。
作曲:古代祐三

MYSTERIOUS MOMENT
PC-8801 PC-9801
Ys 未使用曲集 Mysterious Moment Mysterious Moment
FM77AV
Ys 未使用曲集 Mysterious Moment
昔なつかしいヒーローものの主題歌っぽいのを意識して作った曲。
作曲:古代祐三

THEME OF ADORU
PC-8801 PC-9801
Ys 未使用曲集 Mysterious Moment Mysterious Moment
FM77AV
Ys 未使用曲集 Mysterious Moment
元々はダームの塔の曲。PC Enigne版のオープニングで使用された。また、Wanderers from Ys翼を持った少年はこの曲を元に作られている。
作曲:古代祐三

DEAD-END STREET
PC-8801 PC-9801
Ys 未使用曲集 Dead-end street Dead-end street
FM77AV
Ys 未使用曲集 Dead-end street
作曲:古代祐三

SUB-MISSION
PC-8801 PC-9801
Ys 未使用曲集 Sub-mission Sub-mission
FM77AV
Ys 未使用曲集 Sub-mission
作曲:古代祐三